投資でお金を増やす!【FX・投資信託他】種類と初心者にもおすすめの方法

投資でお金を増やす!

お金を増やす方法のひとつに、投資を行うという方法があります。

お金を増やしたいとお悩みの方に最適な、投資でお金を増やすおすすめの方法、メリットや注意点を解説します。

投資でお金を増やすおすすめの方法

FX(外国為替取引)

外国為替保証金取引を意味するFXは、証拠金を担保にして外国為替の売買を行う取引きとなります。

価格変動に着目して取引を行う投資となりますが、外国為替取引は日本円を外国の通貨に換える取引を意味し、為替差益を狙った取引と理解するとよいでしょう。

仕組みに関しては、口座開設後に証拠金を入金した後取り引きを開始し、為替レートが変化することで、為替差益や為替差損が生じることになります。

取り引きを終了する場合は決済を行いますが、外貨の買いから始めた場合は円安時に、外貨の売りから始めた場合は円高時に決済を行うとよいでしょう。

具体的には1ドル110円で買った場合、1ドル120円で売ると10円の利益が発生し、10円が為替差益となります。

日本円や米ドル以外に、ユーロやポンド等数多くの通貨の組み合わせが可能ですが、FXのメリットとしては少額の資金からスタートすることができます。

口座を開設する際は、先に証拠金としてお金を預け入れますが、預けた資金の何倍もの通貨を買い付けることができるようシステムが定められました。

利益を得る可能性がありますが、損失が出る可能性もあるため、注意しなければなりません。

株式投資

老後に必要な資金が数千万ということが話題になり多くの人が不安を感じ、株式投資をして資産を増やそうと考えている人もおられます。

しかし素人がいきなり株に投資するには、どうしたらよいのかわからず本を読んだりネットで調べたりでして、色々な言葉や仕組みを理解しているのではないでしょうか。

新聞を読んでいる人からすれば、毎日たくさんの企業の株価が掲載されています。

掲載されている金額で購入することはできず数株単位というものがあり、たとえ企業の株価が1万円あったとしても1万円で購入することはできません。

数株単位というものがあるので、投資をする際は気をつけてください。

株式投資で儲ける仕組みは簡単で、安く売って高く売ることです。

大企業の株は安定していますが、1億円前後のお金が必要とされます。

でも名前を聞いたことはない会社の株を買うということは、リスクがあります。

自分が知っている会社を応援するような気持ちで株式投資し、リスクを避けるために数社の株を購入することをお勧めします。

投資信託

株や先物や不動産やREITや仮想通貨やiDeCoやゴールドやプラチナやFXや債券やETFなど、資産運用に用いられる金融商品は数多く存在しますが、初心者におすすめな金融商品と言えば投資信託です。

投資信託はファンドマネージャーと呼ばれるプロの投資家にお金を預けて運用してもらうという仕組みで、金融の知識が乏しくても始められるというのが最大の強みです。

違った値動きをするファンドを幾つか保有することがリスク分散になりますし、積み立てタイプを選べば毎月1000円からの投資が可能で膨大な初期費用を準備する必要が無いというのも魅力的なポイントです。

初心者に最適なのは日経平均株価に連動した値動きをするインデックスファンドで、毎日値動きをチェックしているとパターンが見えてきますし、為替との関係性がわかったりして経済・金融ニュースにも自然と目が向くようになり知識も身につきます。

まずは、自分が保有したいファンドを取り扱っている金融機関に口座を開きましょう。

ETF(上場投資信託)

ETF(上場投資信託)は日経平均株価や証株価指数のTOPIXなど、指数に連動する仕組みの投資信託で、NYダウにも連動しているのが特徴です。

基本的に証券会社の口座で取引をすることになりますが、株式と変わらない感覚で売買することが可能です。

ETF(上場投資信託)が連動する指数は、銘柄が1つではなく複数が集まっており、当然ながら投資の対象も複数銘柄となります。

ただ、投資信託なので1つの銘柄に投資を行えば、それが分散投資になります。

またETF(上場投資信託)は取引所に上場していますから、株式同様リアルタイムな取引が行えます。

ETF(上場投資信託)は株式の性質を持っている金融商品で、それが様々なメリットに繋がっています。

例えば簡単にリスクを分散できることもそうですが、値動きの分かりやすさと低コストも見逃せないポイントです。

売買は取引所でいつでもリアルタイムですから、値動きを見て買いたい、あるいは売りたいと思ったタイミングで取引が実現します。

REIT(不動産投資信託)

不動産投資を副業で始めたいと思っている人はかなりいます。

しかし物件は高額でなかなか手が出せない人がほとんどです。そのような方のためにREIT(不動産投資信託)があるのです。

この仕組みは自分で現物の土地や建物を購入して、家賃収入を得るのは違い、REITではたくさんの人から集めたお金をREITを運営する会社がそのお金で投資用不動産を購入します。

そして、得られた家賃収入をお金を出してくれた人に分配するというシステムです。

海外でもありますが、日本でもREITは一般的になってきておりJ-REITなどと呼ばれています。

現物不動産と違い少額から始められるのがメリットの一つです。

さらに、現物不動産の弱点である流動性の低さがないために、現金化しやすいというメリットもあるのです。

投資を始めたいが敷居の高さで躊躇している人であれば、このような不動産投資信託から小さく始めてみて、やがて現物に投資する方向にシフトするのもよいかもしれません。

不動産投資

不動産投資に興味はあっても、仕組みが理解できない人は多いものです。

投資の中でも、安定した運用を行える点が、不動産投資が持つ魅力です。

賃貸物件の購入を行い、一定期間に亘って収益を得るのが、一般的な投資スタイルとなります。

不動産投資を紹介する会社では、自己資金に応じた収支に対するシミュレーションを施すところも少なくありません。

入室状況に応じた月々に生じる家賃収入や、ローンの返済についてをシミュレートするのです。

不動産投資を成功させるためには、物件選びと集客に用いる手段の検討が欠かせません。

想定する収益を計上するためには、空き室の発生は防がなくてはいけない部分があるのです。

不動産投資会社の中には、物件の案内だけではなくプロパティマネジメントについての業務を行うところも見られます。

サラリーマンの方など、副業で投資を行う方だと、自分で物件管理はできないものでしょう。

専門の管理会社を使えば、空き室が生じることのない安定した運営が可能になります。

気にいった投資会社を見つけた際には、物件の管理面を含めた形で事前に相談に伺うのが良いでしょう。

貴金属投資(金・プラチナ・銀)

貴金属投資とは、金やプラチナ、銀を購入するという投資方法です。

毎月決まった量もしくは金額分これらを購入する方法が一般的であり、現金以外の形で資産を保有できるようになります。

単に資産の形が変えられるだけでなく、購入した貴金属の価値が上昇したタイミングで売却すれば利益を出せる仕組みです。

投資には株などもありますが、貴金属投資は暴落のリスクが少ないことから低リスクで行えるという魅力があります。

利用するサービスごとに詳細は異なっており、保管や購入のために手数料が必要となることも多いですが、長期的に保有していれば売却時にプラスとなる可能性が高い投資方法です。

お金が少なくても始められることが特徴であり、月々1,000円から始めることができるプランもあります。

数ある投資方法の中でも、貴金属投資は分かりやすくて始めやすいものに分類することが可能です。

毎日のように値動きを気にかける必要がないので、手間がかからないことも嬉しい特徴だと言えます。

外貨預金

外貨預金は、その名の通り外国通貨建てで金融機関にお金を預けることをいいます。

かつては外資系の金融機関のみが扱っていましたが、1998年の規制緩和により市中の普通銀行でも取り扱うようになりました。

外貨預金の基本的な仕組みは通常の銀行預金とほぼ同じで、取り扱っている銀行に専用の口座を開設し、通貨の種類を指定して日本円をその通貨に換え、口座に預け入れると、一定期間ごとに利息が付与されます。

普通預金のほかに定期預金があるのも通常の預金と同じで、定期の場合は満期になった時点で自動継続するか、普通預金に振り替えるかのいずれかとなります。

投資の手段として見た場合、外貨預金には資産を増やすためのチャンスが2つあります。

1つは金利差で、日本円よりも高金利の通貨に換えることで、通常の預金よりも多くの利息を得ることができます。

もう1つは、為替差益です。為替相場の変動によって預け入れている通貨のレートが高くなれば、日本円に戻した時に利益が得られます。

国債(個人向け)

国債(個人向け)とは、国が個人に対してお金を借りる債券です。

個人が国債を買うことで国に対してお金を貸す仕組みとなります。国は個人からお金を借りて道路の設備などや様々な施設などを直したり、建てたりすることが可能です。

国債(個人向け)は元本保証されているのが特徴で、年率0.05パーセントという最低金利保証があります。

1万円から購入が可能となっており、毎月買うことができます。

利息は半年ごとに受け取ることができますが、発行されてから1年間を過ぎるまでは途中解約ができません。

買い付け手数料がかからないことや、ある一定の期間が過ぎれば元本と利息分戻ってくることから、定期預金よりもお得な投資として利用する人が増えてきています。

国が破綻しない限り確実に変換される可能性があることから、利用する人は増えてきていますが、個人向け国債には複数の種類が存在しているため、それぞれの違いを理解して利用することが重要です。

固定金利型と変動金利型が国債には存在しており、固定金利型は3年と5年、変動金利型は10年となっています。

社債(個人向け)

企業が設備投資などで事業資金を調達するために発行する債券のことを、社債と称しています。

多くの社債は個人向けではなくて機関投資家向けで、最低単位が1億円くらいで発行されます。

社債(個人向け)は、ミニチュア版という表現もでき、個人投資家でも楽に購入できるような工夫がされていて、最低単位は100万円以下に設定されています。

中には10万円単位のものもあり、個人向けに販売されているようです。

金額が小さくなることを除いて、その意味合いと仕組みは1億円のものとなんらかわりません。

会社の社員が自社株を買わされるケースはよくありますが、それと同じような仕組みで、会社の債券を購入することができます。

社債(個人向け)は投資ですからリスクがあります。

リスクを回避する手段をとっておかなければなりません。

具体的には、一社だけの債権ではなくて、複数の会社のものを購入するという手段があります。

投資リスクを回避する方法は、これが一番です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる老後資金づくりを目的とした年金制度の1つです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者は毎月一定の金額を積み立て、予め用意された預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に一時金または年金で受け取る仕組みとなります。

原則60歳になるまで引き出すことができませんが、積立金額すべて所得控除の対象となるので所得税・住民税を節税できたり、運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が非課税になり、受け取る時公的年金等控除や退職所得控除の対象となるなど税制優遇のメリットが受けられる特徴があります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入対象者は、日本在住の20歳以上60歳未満の国民年金被保険者の方であれば原則誰でも始めることが可能であり、月額5,000円から積み立てることが可能でそれ以上積み立てたい場合は1,000円単位で上乗せできます。

ただし加入者の職業によって上限金額が定められています。

投資でお金を増やす際のメリット

物価上昇率に応じた受給額アップは見込めずもらえるかどうかもわからない眉唾物の年金制度には頼れない、体力や健康に自信が無く医療費地獄に陥ってしまうかもしれない、残業や営業や休日出勤を頑張っても思うように稼げないなど、人生100年時代・年金制度・超高齢化社会に対して不安があり、お金の悩みが深刻化しているという方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが投資です。本格的に副業をするのはハードルが高いですが、投資ならお小遣い稼ぎ・マネーゲーム感覚で利ざやを稼げます。

投資でお金を増やすことのメリットについてですが、インターネット接続がなされたデバイスと金融機関の口座があれば誰でも今すぐに取引できる、積立投信なら金融や経済の知識が薄くても多額の初期費用を準備しなくてもOKで月額1000から積み立てられる、自分が保有している金融商品の値動きをチェックする習慣が身につき自ずと経済ニュースに強くなるなどがあります。

投資でお金を増やす際の注意点

投資でお金を増やすときの注意点として、損をするリスクがあることを知っておかなければなりません。

インターネットなどでは成功例を多く見つけることができますが、その一方で上手くいかずに挫折している人も非常に多いです。

また、勉強なしでお金は増やせないことにも注意が必要だと言えます。

投資は運次第ではなく、勉強や分析がとても大切です。

これを怠ってしまうと稼げない可能性が高いため、楽して稼げるという考えは持つべきではないでしょう。

投資はお金を増やす選択肢のひとつとしておすすめ

投資は、長期的な観点から行っていくものであり、着実にお金を増やすためにおすすめの方法です。

投資の魅力は、長期的な観点から実質的な利益が大きいというメリットがあります。

例えば、定期預金などでお金を預けたとしても数年以上のお金を預けることを前提でも元本の1%程度の利益しか得られないという特徴が存在します。

一方で、同じようにお金の投資でも外貨などを用いて投資を行っておけば、金利分で日本の定期預金の3倍から4倍程度の利益を貰うことも十分に可能です。

同じようにお金を預けるという行為1つであっても、これだけ長期金利が違いますので非常に利用しやすい魅力があります。

また、他の投資を利用してお金を増やすことを考えてもリスクを減らしながら利益を上げていくことは十分に可能です。

例えば、大手の企業の配当金などを目的に株式を購入すれば、1株当たりの配当が大きくなりますのでそれだけ資産を効率的に増やすことができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました