副業でお金を増やす!【ネット副業】種類と在宅でも稼げるおすすめの方法

副業でお金を増やす!

お金を増やす方法のひとつに、副業を行うという方法があります。

お金を増やしたいとお悩みの方に最適な、副業でお金を増やすおすすめの方法、メリットや注意点を解説します。

副業でお金を増やすおすすめの方法

Webライター

近年、副業が非常に注目を集めています。政府も副業を推進しており、そのため多くの企業で副業を認め始めています。

さて、この副業ですが様々な種類の職種があります。本業とは別にアルバイトでする仕事もありますが、この働き方だと大変ですので、本業に支障が出る可能性があります。

そこでお勧めの仕事内容がWebライターです。この仕事は、ネット上などでブログの記事や口コミなどの文章を作成する仕事です。

Webライターであれば、いつどこでもパソコン1台とインターネットさえあればできる環境があれば、実施することができます。

多くの人がパソコンを持っていると思いますし、パソコンもそれほどハイスペックなものである必要はありませんので、初期投資費用はかからない点もメリットの一つです。

さらに、仕事もクラウドソーシング上に沢山ありますので、仕事に困ることもありません。

始めは文字単価の低い案件しかできない人もいると思いますが、慣れてくれば文字単価の高い案件も取れるようになってきます。

是非Webライターを検討してみてください。

ネットショップ運営

ネットショップ運営はおすすめ副業の1つです。

これは、名前の通りネットショップを自分で運営するという仕事だと言えます。

具体的なやり方に違いはあるものの、主な仕事内容は商品を用意して販売することです。

様々な方法で仕入れた商品をネットショップで販売することもできますし、自分でつくったオリジナル商品やコンテンツを販売するという方法もあります。

仕入れたり制作したりすることで商品を用意し、購入希望者があらわれたときには発送を行うことが一般的です。

多くの場合は、購入申請や注文が入った後に運営者が商品の梱包から発送まで行います。

また、購入したいと考えている人からの質問に応じることも仕事内容に含まれるでしょう。

特徴としては、自分で実店舗を持たなくても商品が販売できることがあげられます。

現在では気軽に利用できるプラットフォームやサービスが多く用意されており、簡単にネットショップの運営が始められることから手軽な副業であることも知っておきましょう。

写真販売

今では色んな副業があって、幅広い年代の方が副収入を得るために働かれています。

そのなかのひとつに当てはまるのが、写真販売というものです。

国民の約90パーセントが手にしているスマートフォンには、高性能なカメラが備わっており、気軽に写真撮影に興じることができます。

そのなかには芸術的な美しい絵もあるでしょう。それを写真販売サイトを通して売ることが可能です。

仕事内容としては特に難しいものはなく、自分の気に入った被写体をカメラにおさめるだけです。

ただし、どんなものでも必ず売れるというわけではありません。

写真販売サイトでは売れ筋商品のランクも表示をしており、おもに人物の顔や動物の愛らしい姿などです。

効率よく副収入を得たい場合は、意識をしてそれらを被写体にした絵を取るのが良いでしょう。

そして写真販売サイトを通して売る場合は、必ず手数料が発生します。

10パーセント単位が相場となっており、1か月で2000円程度の収入になります。

アフィリエイト

隙間時間を利用してお金を稼ぐことができる副業を始める人が増えていますが、実際に数ある副業の中から何を選ぶかで悩んでしまう方は多いです。

そこで初めて副業する方におすすめするのが「アフィリエイト」です。

アフィリエイトの仕事内容と特徴は、WEBサイトやブログを使用して稼ぐ事ができる成果報酬型の広告プログラムであり、この仕事をする人をアフィリエイターと呼び主に自分のホームページやブログ、SNSを通じて広告を掲載します。

後はホームページやブログを通じて読者がその広告をクリックし、商品やサービスを購入・契約すれば利益を得た企業(広告主)から成果報酬をアフィリエイターに支払うという流れです。

企業から直接報酬が支払われるケースの他にも、広告を出したい企業を取りまとめ報酬支払いを代行してくれるASPを利用するケースもあります。

この仕事の最大のメリットは、無料ブログやSNSで始めることが可能なので、金銭的なリスクは少なく空いた時間や好きな場所で行えること、匿名で始められるので、知人や会社に知られないなど、リスクなく始められるため手軽な副業として人気が高くなっています。

データ入力

副業と一口に言っても様々なものがありますが、特別なスキルを持たない方でも手軽に始められるのが「データ入力」です。

仕事内容は様々で、発注者から受け取った資料を指定されたフォーマットで入力したり、録音データや映像データから音声を聞き取って文字に起こしたり、インターネット検索した結果を入力したりするものなどがあります。

データ入力は、在宅ワークで取り組める副業の中では単価は低めで、単純な文字入力の場合は1文字あたり0.1~1円が相場となっていますが、キーボードを使ってのタイピングができれば誰でも取り組めるのが最大の魅力です。

入力の際に自身の判断が求められる案件でも、発注者から提供されたマニュアルに沿って進めればよいので、未経験の方でも手軽に始めることができます。

また、案件数が数ある在宅ワークの中でも多いため、自分のライフスタイルに合った分量の仕事を受注できますし、納期さえ守れば好きな時間に作業できるというメリットもあります。

ちょっとしたスキマ時間に作業できるので、本業や家事、育児などと両立するのも容易です。

文字起こし

手軽に始められる副業の中でも、タイピングスキルがある人におすすめしたいのが「文字起こし」のしごとです。

文字起こしの仕事内容と特徴は、講演会やセミナー、インタビューや会議、グループディスカッションなどで録音されたデータの内容をテキストといった文章にしていく内容です。

最近ではYouTube動画から文字起こしをするという仕事も増えてきており、時代の流れとともに少しずつ仕事内容も変化しています。

文字起こしは大きく分けて、録音した内容を聞いて聞こえた音声を全てそのまま一字一句正確に書き起こす「素起こし」と、文脈上意味を持たない「ケバ」を取り除き、読みやすくスッキリとした文章に書き起こす「ケバ取り」、話し言葉を書き言葉に直し文体をですます調に整えて書く「成文」の3種類があります。

この仕事は比較的簡単に始めることが可能であり、特別なスキルや知識が不要で在宅で仕事が行えるなど大きなメリットがあり、パソコンとタイピングスキルさえあれば誰でもすぐに始めることが可能です。

翻訳

自宅で隙間時間を利用して稼ぎたいという方を中心に人気が高くなっているのが副業ですが、様々な副業の中でも自身のスキルを活かせる仕事をしたいという方におすすめなのが「翻訳」です。

翻訳の仕事内容と特徴は日本語を外国語に変換したり、外国語を日本語に変換する仕事となります。

大きく分類すると主にITや経済、金融や医療分野の文書を訳す「実務翻訳」と、海外で出版された雑誌や書籍を訳す「出版翻訳」、海外の映像作品を日本語に訳し、主に字幕と吹き替え、ボイスオーバーという3種類に分かれる「映像翻訳」の3つに分かれます。

この仕事を始めるにあたって、どれくらいの収入があるかは仕事内容で大きく異なり、クラウドソーシングで募集されている案件なら1件500円から1,000円と、空き時間を利用して始めることが可能です。

ある程度の技術と経験が求められるイメージが強いですが、中には経験や実績がない人に向けた未経験者向けの案件もあるので、まずはこういった案件を選んで応募することが重要です。

ウェブサイト制作

副業の一つとして、ウェブサイト制作は一般的なものです。

休みの日にコンビニでアルバイトする事と比較すれば、体力を使わないという意味でも現実的なものでしょう。

特に本業がウェブ制作だった場合、勉強せずとも手を付けられるのですから相性がいいのです。

仕事内容としては、実際にウェブサイトを制作する事になります。

一人で短時間でも制作出来るのがウェブの強みであり、自分でテンプレートを作ってしまえばそれをコピーして加工するだけで、たくさんのページが作れます。

顧客にしても今はネット上で募集も出来ますしマッチングサービスもたくさんあります。

このぐらいの規模で、といった小規模のものなら簡単に作れるので、副業に適した仕事の一つだと言えるでしょう。

作成後も保守やメンテナンスの費用が発生する場合もあり、いくつも持っていれば恒常的にお金が入ってくる状態になりやすいのも嬉しいところです。

ただし、同時に複数でトラブルが起こった場合は対処が大変かもしれません。

アプリ制作

おすすめの副業にはアプリ制作があります。

近頃は、スマートフォンやタブレットで使えるアプリの制作が主流な仕事内容となっていることを知っておくと良いでしょう。

プログラミング言語やコーディングなどの知識やスキルを活かし、アプリをつくることになります。

アプリ制作を希望する会社などと契約する場合は、先方が求めるものを制作することになりますが、自分で自由に設計してつくったものを販売することも可能です。

前者の場合は納品までで報酬を得ることができますが、後者の場合はアプリをつくるだけでなく販売マーケットへの登録や収益化するための広告掲載などの作業も必要となります。

また、完成したら終了というわけではなく、トラブルが起こったときには修正作業を行うことが一般的です。

自分ひとりでアプリ制作を行う場合は、使用している人の問い合わせに答えるような業務も仕事内容に含まれることになります。

選んだ働き方で詳細は違いますが、基本的にはアプリを制作することと関連する作業が仕事だと知っておきましょう。

動画編集

今では、さまざまな職業の方が副業をしても良いという許可を、政府では出されています。

今のようにデジタル化社会となった時代では動画編集という業務が人気を集めているものです。

簡単に仕事内容についてみていくと、世界的なシェアを誇るYouTubeであれば、約30分程度の動画編集で1本4万円程度の報酬を手に入れることが可能です。

その仕事内容は、撮影はもちろんのこと、放映をする動画にエフェクトをかけたり、字幕を付けるというものになります。

なかには撮影はなしで動画編集のみを依頼される場合もあり、はじめてお仕事を受けた際に良い仕上がりであれば、継続して委託を受けることも可能です。

副業で動画編集をするメリットは、空き時間に担当できる点になります。

あくまでも副業なので、本業に差し支えるような働き方をしてはいけません。

1日2時間程度の軽作業で、効率よく副収入を手に入れるには動画編集はとても魅力的な仕事内容になっています。

副業でお金を増やす際のメリット

副業でお金を増やすことのメリットには、低いリスクで収入アップを狙えることがあげられます。

仕事を変えることになると、上手くいかなかった場合に大きなダメージを受けることになるはずです。

副業は本業と並行しながら行うことになるので、軌道に乗るまでにある程度の時間がかかっても生活費が足りないといった問題が発生することはありません。

更に、将来的な資産形成方法を見つけられるというメリットもあります。

副業で新たなスキルを身につけたり、稼ぐ方法を確立していたりすると、本業を辞めることになった後にもスキルや経験を活かして稼げる可能性が高いです。

また、一定の条件に当てはまる場合は確定申告や納税が必要ないため、本業で収入アップを目指すより節税できる可能性があることもメリットの1つだと言えます。

このように多くのメリットがあるので、本業だけで高収入を目指していくのではなく、副業で稼ぐことを視野に入れてみることがおすすめです。

副業でお金を増やす際の注意点

副業でお金を増やすことを考えているのであれば、注意点も知っておきましょう。

まず、副業禁止の会社に勤めている場合、これがバレることで処分を受ける可能性もあります。

禁止されている場合は他の方法を選ぶか、絶対にバレないやり方で実施することが大事です。

次に、確定申告が必要となるケースがあることも理解しておく必要があります。

一定以上の所得があると副業での収入も課税対象となるため、該当する場合はきちんと納税するようにしてください。

副業はお金を増やす選択肢のひとつとしておすすめ

お金を増やす選択肢として、副業を始めることはおすすめです。

この方法を選ぶのであれば、本業を辞めることなく新たな稼ぎ方を取り入れるので、上手くいかずに生活できなくなってしまうというリスクがありません。

スキルを獲得できることもおすすめの理由であり、本業では身につけられないスキルが身につき、いずれ転職などの際に役立てられる可能性もあります。

また、空き時間を有効に使えるというメリットもあるでしょう。

本業で給与を上げたくても稼働できる時間や内容には限界があります。

副業を始める場合は、休みの日や隙間時間をこれに当てることができるので無駄をつくることなく稼ぎを増やすことができるでしょう。

新たなことにチャレンジできることも大きな魅力です。

仕事だけの生活となるとメリハリのない毎日になりやすいですが、副業を行うことで新たなことに挑戦でき、視野が広がったり気分をリフレッシュできたりすることも多いと言えます。

こうした魅力があるので、お金を増やしたいときには副業を選んでみることがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました